コラム

カテゴリー

アーカイブ

犬や猫の口腔内腫瘍について

症例

犬や猫の口の中にできものができている場合には、口腔内腫瘍の可能性も考えなければなりません。

悪性腫瘍である場合には、積極的な治療を行わないと動物の生活の質(QOL)を著しく低下させます。

本記事では、当院でも症例がある、犬や猫の口腔内腫瘍の症状、診断方法、治療・予防方法について解説します。

口腔内腫瘍の症状

犬や猫の口腔内腫瘍でよくみられる症状は以下の通りです。

 

・よだれ

・顔面の腫脹

・出血

・潰瘍

・口臭

・食欲不振

 

口内炎や歯周病の症状とも似ているため、獣医師はしっかりと口腔内を確認して腫瘍を見逃さないようにしなければなりません

 

腫瘍が大きくなると、食欲不振だけでなく、呼吸困難などの症状もみられる場合もあるため、進行する前に早期の対処が必要です。

 

また腫瘍が大きくなってくると、採食ができなくなる以外にも呼吸困難を引き起こす症例も存在します。

 

口腔内腫瘍の種類

悪性の口腔内腫瘍として、以下のような腫瘍が多くみられます。

 

・悪性黒色腫

・扁平上皮癌

・線維肉腫

・棘細胞性エナメル上皮腫

 

猫においては、口の中にできる腫瘍の悪性度は高く、扁平上皮癌が特に多くみられます。

 

良性の腫瘍も存在しますが、悪性腫瘍の場合には局所浸潤や他の臓器への転移を引き起こすため、注意が必要です

 

口腔内腫瘍の診断方法

犬や猫の口腔内腫瘍の診断方法には、基本的に生検が必要です

 

口腔内腫瘍に対して無麻酔で針生検を行うのは困難なため、麻酔や鎮静下の安全な状況で、パンチ生検や切除生検を行う必要があります。

 

見た目での判定は難しく、悪性黒色腫は、黒いカリフラワー状のしこりのように見えることが多いとされていますが、黒色の色素を持たない悪性黒色腫も存在します。また良性腫瘍でも同様の見た目のものが存在します。

猫で多い扁平上皮癌は、赤いカリフラワー状、繊維肉腫は硬く膨らんでくるように増殖するのが特徴ですが、その限りではありません。

 

犬や猫の口腔内腫瘍の治療方法

犬や猫の口腔内腫瘍の治療は、主に外科手術による腫瘍の切除です。

 

積極的な外科手術は骨を削るような侵襲性の強い手術(実施の場合は紹介となります)になることも多いため、術後の見た目の変化、動物への負担、術後のケアについて、手術前にご家族と獣医師がよく話し合うことが重要です

 

進行して外科適応とならない症例や、術後悪性腫瘍が判明した場合、進行を遅くしたり、再発や転移防止を目的とした化学療法や放射線治療が適応になることもあります。

 

また転移の有無は予後の判定や治療方針を決定するために重要です。

術前検査時の画像検査(レントゲン、エコー)や麻酔下CT検査、転移が疑われる組織の細胞診、組織診断にて相対的に評価します。

 

犬や猫の口腔内腫瘍の予防方法

犬や猫の口腔内腫瘍に対する予防方法は、残念ながらありません。

 

しかし歯肉炎や歯周病からくる炎症が腫瘍の発生に関与しているという見方もあり、日常的なデンタルケアや口腔内のチェックをこまめに行うことが腫瘍の早期発見・早期治療につながります

 

まとめ

本記事では、犬や猫の口腔内腫瘍の症状、診断方法、治療方法について解説してきました。

 

犬や猫の口腔内腫瘍は、進行して大きくなるとさまざまな症状を引き起こしQOLの低下につながります。

 

早期に発見治療を行うことが大切です。診察においても口腔内のチェックをしっかりと行うようにしましょう。

 

日常的なデンタルケアと、早期発見・早期治療が大切です。

 

 

姉ヶ崎どうぶつ病院は一緒に働く仲間を募集しています

姉ヶ崎どうぶつ病院は1.5次診療施設で質の高いジェネラリストを目指し、地域獣医師医療を担う動物病院です。

 

獣医師、動物看護師ともに育成プログラムが充実しており、「獣医師や動物看護師として経験を積んで成長しやすい環境」が整っています。

 

目の前の課題に対し、しっかり取り組む方、誠意をもってコミュニケーションを取る方、

そして動物はもちろん、飼い主様やスタッフ同士の気持ちを理解しようと努力する方の応募を心からお待ちしています。

 

■教育制度
獣医師の教育制度についての詳細はこちら
愛玩動物看護師等の教育制度についての詳細はこちら

 

■スタッフインタビュー
当院で働く獣医師のインタビューはこちら
当院で働く動物看護師のインタビューはこちら

 

<参考文献>
獣医内科学 第2版 p193-194

 

診療時間
午前診療

9:00〜12:00

(最終受付時間11:40)

手術・往診

12:00〜15:00

午後診療

15:00〜18:00

(最終受付時間17:40)

※令和6年1月4日~3月31日まで、現在継続治療中の飼い主様に限り18:00~19:00で予約いただけます
※緊急の際は18:00〜20:00に時間外診療を行っております
※夜間電話相談は20:00~翌8:30で承っております

0436-62-1500

完全予約制で

診療対応

しております