コラム

カテゴリー

アーカイブ

犬の慢性腎臓病について|静かに進行する病気

症例

腎臓病は犬で発生の多い疾患です。特に、ゆっくりと時間をかけて進行していくものを「慢性腎臓病」と呼び、中〜高年齢の動物で多く発生します。

腎臓は体液中の老廃物を除去する働きを担っており、腎機能の維持は愛犬の健康維持のために非常に重要です。

 

今回は犬の慢性腎臓病について、症状や治療方法、予防方法などを詳しく解説します。

原因

慢性腎臓病に至る直接の原因は多岐にわたります。

 

加齢による腎機能の自然な低下

遺伝的要因

細菌感染やウイルス感染による腎炎

中毒物質の誤飲、腎臓の血流の低下

尿路閉塞 

 

特に、コッカー・スパニエル、サモエド、ドーベルマン、シー・ズー、ヨーキーなどで発症しやすいことが知られていますが、全ての犬種で慢性腎臓病にかかる可能性があります。

 

症状

慢性腎臓病は、進行状況によって症状が変化します。

初期の慢性腎臓病では、目立った症状が出ないことがほとんどです。

しかし病態が進行すると、水をたくさん飲み、尿をたくさん排泄する多飲多尿元気ではあるものの痩せていくなどの症状が出始めます。

 

さらに症状が進行すると、通常は尿として体外に排出されるべき老廃物が血中に蓄積し尿毒症が起こり、食欲低下、元気消失、嘔吐、下痢、便秘などが見られます。

 

診断方法

慢性腎臓病の診断には、液検査や尿検査、血圧検査、腹部超音波検査などの画像診断が行われます。特に腎数値や尿比重、尿中の蛋白質の検査を行うことで、腎臓の機能低下や損傷の程度を評価することが可能です。

 

腎機能が大きく損なわれると、リンやカリウムなどのミネラルのバランスが崩れます。リンやカリウムが体内に蓄積すると、腎臓やその他の臓器に悪影響が出るため、これらの値も調べておくことが重要です。

 

最近では、FGF23(線維芽細胞成長因子23)の検査も重要な要素となっています。FGF23は血液中のリンの濃度上昇と関連することがわかっているため、食事療法の開始時期の目安となります。

 

治療方法

慢性腎臓病を完治させる方法は、残念ながらありません。

そのため、慢性腎臓病の治療では食事療法や点滴などを行い、症状の緩和と腎臓の負担軽減が目的となります。吐き気や食欲不振などの症状が強い場合は、吐き気止めなどの薬物療法を行うこともあります。

 

また当院では、高カリウム血症治療薬であるロケルマを使用しています。カリウム値が高い場合、従来は点滴を行うしかありませんでしたが、ロケルマを使用することで効果的に管理できるようになりました。

 

加えて、腎機能が弱まっている中で老廃物の排出を促すには、可能な限りたくさん排尿させる必要があります。そのため、積極的な水分補給が重要です。

 

予防法やご家庭での注意点

慢性腎臓病の予防には、適切な食事管理やストレスの少ない環境づくりを心がけ、腎臓への負担を最小限にすることが重要です。また水は常に清潔なものを用意し、腎臓に悪影響を与えるような物質の誤飲には注意しましょう。

 

初期の慢性腎臓病では症状がほとんど出ないため、定期的に健康診断を受け、腎臓の健康状態を確認することも重要です。

 

まとめ

犬の慢性腎臓病は進行性の疾患であり、早期の発見と適切な管理が重要です。

当院では高カリウム結晶治療薬やFGF23の検査など最新の治療法を取り入れ、愛犬の健康をサポートしていますので、慢性腎臓病でお困りのことがあれば、当院までご相談ください。

 

■当院の泌尿器科に関連する病気はこちらで解説しています。
犬の膀胱腫瘍
猫の尿道閉塞について|尿が出なくなったら非常に危険

 

千葉県市原市の動物病院なら「姉ヶ崎どうぶつ病院」

診療案内はこちらから

 

診療時間
午前診療

9:00〜12:00

(最終受付時間11:40)

手術・往診

12:00〜15:00

午後診療

15:00〜18:00

(最終受付時間17:40)

※令和6年1月4日~3月31日まで、現在継続治療中の飼い主様に限り18:00~19:00で予約いただけます
※緊急の際は18:00〜20:00に時間外診療を行っております
※夜間電話相談は20:00~翌8:30で承っております

0436-62-1500

完全予約制で

診療対応

しております